アクセスカウンタ

2009年6月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


外国への特許出願

2009/06/28 22:29
・外国への出願の手続や規定、パリ条約、国際特許協力条約(PCT)に基づく出願手続
 の相違、また、TRIPS(知的財産権貿易)協定に関する注意点などをまとめる。

★☆ ブログ版第27号 2009年6月28日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



             〜外国への特許出願〜 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

−−−−−−−−−
■外国への特許出願
−−−−−−−−−
1.出願手続の推移、に対する考え方

 (1)外国(出願したい国)へは直接出願する。


 (2)パリ条約(1883年)の成立


 (3)国際特許協力条約(PCT:1970年)の成立


 (4)まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■パリ条約に基づく外国出願(パリルートなどと呼ばれることもある)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.三大原則

 (1)各国特許独立、内国民待遇、優先権制度

2.優先権制度

 (1)第一国の出願(基礎出願)をした後、一定の期間内に他の同盟国に出願を行なう
    と、審査における特許性(新規性、進歩性など)の判断基準時を基礎出願の日に
    遡及してもらえる。

 (2)優先権が利用できる期間は、特許・実用新案は12月。

 (3)国際出願を基礎とする優先権の主張、が可能。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■国際特許協力条約に基づく外国出願(PCTルートなどと呼ばれることもある)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.理念

 (1)パリ条約の出願手続統一化に関する補間であろう。

2.手続

 (1)国際出願


−−−−−−−−
■TRIPS協定
−−−−−−−−
1.理念

 (1)すべての知的所有権の貿易関連の側面に関する協定

 (2)ほとんどの知的財産権について適用される。

 (3)「ミニマム」スタンダードの規定。

 (4)WTO加盟国すべてに適用される。

2.国際条約(パリ条約、特許協力条約)と原則の違い

 (1)最恵国待遇の原則

 (2)例外規定の多い内国民待遇

3.異なる点(代表例)

 (1)商標権の保護期間


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第28号 2009年6月29日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



             〜特許権マネジメント その3〜

・特許権を侵害される場合、侵害をしてしまう行為の防止、水際対策などについて。
・また、特許調査についてもまとめ手理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


特許権マネジメント その2

2009/06/28 00:10
・特許権の処分(権利期間、譲渡、相続・継承、放棄など)、共同発明・出願での注意点
 などをまとめる。

★☆ ブログ版第26号 2009年6月27日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



          〜特許権マネジメント その2〜 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

−−−−−−−−−
■特許権の権利期間
−−−−−−−−−
1.権利期間

 (1)特許権の権利期間

 (2)法廷期間(20年)より、短期の消滅

 (3)その他


2.特許権の譲渡・移転

 (1)特許権の完全な譲渡が可能。

 (2)一部の譲渡が可能。

 (3)譲渡担保の目的とすることが可能。
 

3.特許権の相続・承継

 (1)一般継承により、相続・承継が可能。

 (2)一般継承以外は、移転登録申請書により特許庁に申請する。


4.特許権の放棄

 (1)意思による放棄が可能。

 (2)請求項ごとに、放棄が可能。


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第27号 2009年6月28日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



              〜外国への特許出願〜

・外国への出願の手続や規定、パリ条約、国際特許協力条約(PCT)に基づく出願手続
 の相違、また、TRIPS(知的財産権貿易)協定に関する注意点などをまとめる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


特許権マネジメント その1

2009/06/26 23:35
・特許権行使のポイント、実施権、先使用、家庭内使用など権利の及ばない範囲などにつ
 いてまとめる。

★☆ ブログ版第25号 2009年6月26日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



             〜特許権マネジメント その1〜 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

−−−−−−−
■特許権の範囲
−−−−−−−
1.権利の範囲

 (1)特許された発明を、業として実施権利を「専有」する。

 (2)専用実施権を「設定」することができる。

 (3)通常実施権を「許諾」することができる。

 (4)独占的通常実施権を「許諾」することができる。

2.権利行使の制限

 (1)家庭内での実施には、権利が及ばない。

 (2)試験・研究を目的とした実施には、権利が及ばない。

 (3)先使用者の実施には、権利が及ばない。

 (4)「裁定」をもって、通常実施権が許諾される場合がある。

3.仮実施権

 (1)特許を受ける権利を有する者は、仮専用実施権の設定、仮通常実施権の許諾が
    可能

 (2)2008年2月に閣議決定


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第26号 2009年6月27日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



              〜特許権マネジメント その2〜 


・特許権の処分(権利期間、譲渡、相続・継承、放棄など)、共同発明・出願での注意点
 などをまとめる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法・審査制度/査定とその後)

2009/06/25 23:16
・出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・特許法の査定と、その後の対応について。

★☆ ブログ版第24号 2009年6月25日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


      〜手続詳細(特許法・審査制度/査定とその後)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

−−−
■査定
−−−
1.特許査定

 (1)「拒絶理由を発見できないと判断」された場合、審査官によって「特許査定」が
    なされる。

 (2)特許登録の設定(権利設定)の手続き行なうことができる。

 (3)特許料について

 (4)第三者の対応

2.拒絶査定

 (1)「拒絶理由が解消されない」とは、拒絶査定となる。

 (2)拒絶査定への対応としては、いくつかの選択支がある。

★「無効理由審判」「査定不服審判」の手続きについては、別途まとめる。
★「期間の計算」についても規定があるので、別途まとめる。


★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第25号 2009年6月26日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


      〜手続詳細(特許法・審査制度/特許権マネジメント)〜 


・特許権行使のポイント、実施権、先使用、家庭内使用など権利の及ばない範囲などにつ
 いてまとめる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法・審査制度/拒絶理由通知)

2009/06/24 22:42
・出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・特許法の拒絶理由通知について。

★☆ ブログ版第23号 2009年6月24日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



      〜手続詳細(特許法・審査制度/拒絶理由通知)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

−−−−−−−
■拒絶理由通知
−−−−−−−
1.拒絶理由通知

 (1)審査官が拒絶理由に該当すると判断した場合、拒絶査定(最終決定)する前に、
    出願人に対し拒絶理由を伝える。(拒絶理由通知書)


 (2)補正等への示唆


2.拒絶理由への対応

 (1)意見書による反論


 (2)手続補正書(補正)の提出


 (3)分割出願


 (4)出願変更


★ここでは、「補正」「分割出願」「出願変更」の手続きについては、拒絶理由通知に対
 する応答の可能性として簡単にまとめている。


★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                   ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!        ☆★
★☆                                   ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!       ☆★
★☆                                   ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ メルマガ第15号 2009年6月25日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


    〜手続詳細(特許法・審査制度/特許査定と拒絶査定への対応)〜 

・特許査定後の手続き、拒絶査定への対応など。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法・審査制度/進歩性、他の審査)

2009/06/23 21:21
・出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・特許法の進歩性、産業利用性、公益・私益の調整・公序良俗違反の審査について。

★☆ ブログ版第22号 2009年6月23日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


       〜手続詳細(特許法・審査制度/進歩性、他の審査)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

−−−−−
■登録要件
−−−−−
審査請求に従って特許庁長官に選定された審査官によって、以下の登録要件の各項目を審
査され、要件を満たす場合、登録査定となる。

○特許出願における登録要件(各項目)は、メルマガ第9号でまとめた通り。

 (1)新規性

 (2)進歩性
     → 当業者で通常の知識を有するものが容易に
       発明できないこと。

 (3)産業利用性
     → 荒唐無稽ではないこと。
     → 学術のみ、実験的にのみでないこと。
     → ある程度の再現性があること。

 (4)公益・私益の調整に反しないもの
     → 手術・治療技術が該当。

 (5)公序良俗に反しないもの
     → 紙幣偽造、国民健康を害するものが該当。
        **必ずしも不可ではなく、利益/弊害の比較衡量で判断する。

本号では(2)進歩性、(3)産業利用性、の審査についてまとめる。

−−−−−−−
■進歩性の審査
−−−−−−−
1.進歩性の審査基準

 (1)専門家(当業者)が、特許出願時の技術水準と対比して、発明を容易に考え出す
    ことができないか?

−−−−−−−−−
■産業利用性の審査
−−−−−−−−−
1.産業利用性の審査基準

 (1)「産業」かどうか?

 (2)「利用」可能かどうか?

 (3)出願書類について

−−−−−−−−−
■公益・私益の調整
−−−−−−−−−
1.手術方法、治療方法、診断方法は公益。

 (1)病状の判断するための資料の収集、人体の各器官の構造・機能の測定方法などが
    該当する。             

 (2)「検査方法」は産業利用性を満たす。

2.医療機器、医薬について

 (1)医療機器、医薬「自体」は「物品」であり、産業利用性を満たす。

 (2)医療機器、医薬の「利用方法」は公益。

−−−−−−−−−
■公序良俗に反する
−−−−−−−−−
1.審査官が最初に判定する要件。

 (1)国家社会の一般的利益、国民衛生に反しないかどうか?

 (2)比較衡量により判定するもの。


★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信しています!        ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ ご覧されたい方はメルマガ登録していただければ幸甚です!  ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ メルマガ第14号 2009年6月24日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


      〜手続詳細(特許法・審査制度/審査応答)〜 

・拒絶理由通知、特許査定など。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法・審査制度/新規性の審査)

2009/06/22 23:35
・出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・特許法の新規性の審査について。

★☆ ブログ版第21号 2009年6月22日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


      〜手続詳細(特許法・審査制度/新規性の審査)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


−−−−−
■登録要件
−−−−−

審査請求に従って特許庁長官に選定された審査官によって、以下の登録要件の各項目を審
査され、要件を満たす場合、登録査定となる。

 1.特許出願における登録要件(各項目)は、メルマガ第9号でまとめた通り。

   (1)新規性

   (2)進歩性
      → 当業者で通常の知識を有するものが容易に
        発明できないこと。

   (3)産業利用性
      → 荒唐無稽ではないこと。
      → 学術のみ、実験的にのみでないこと。
      → ある程度の再現性があること。

   (4)公益・私益の調整に反しないもの
      → 手術・治療技術が該当。

   (5)公序良俗に反しないもの
      → 紙幣偽造、国民健康を害するものが該当。
       **必ずしも不可ではなく、利益/弊害の比較衡量で判断する。

 2.本号では、(1)の新規性の審査についてまとめる。

−−−−−−−
■新規性の審査
−−−−−−−
 1.新規性の審査基準

  (1)公然知られた発明かどうか?


  (2)「公然実施」された発明かどうか?


  (3)頒布された刊行物に記載された発明かどうか?


  (4)電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明かどうか?


  (5)出願主義、世界主義


 2.新規性喪失の例外規定

   (1)特定の条件の下で、自ら公開後に特許出願、新規性が喪失しないものとして
      取り扱う新規性喪失の例外規定がある。


   (2)特定の条件


   (3)必要な手続きと期間


★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信しています!        ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ ご覧されたい方はメルマガ登録していただければ幸甚です!  ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ ブログ 第22号 2009年6月23日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



    〜手続詳細(特許法・審査制度/進歩性の審査)〜 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法/審査制度・審査の請求)

2009/06/21 21:27
・出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・特許法の審査制度。

★☆ ブログ版第20号 2009年6月21日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



       〜手続詳細(特許法/審査制度・審査の請求)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

ダイジェスト

−−−−−−−−−−−−
■特許法における審査制度
−−−−−−−−−−−−
 1.審査の請求

  (1)「通常の出願」審査の請求


  (2)早期審査の請求(優先審査の請求、早期審査の請求)


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信しています!        ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ ご覧されたい方はメルマガ登録していただければ幸甚です!  ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第21号 2009年6月22日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



      〜手続詳細(特許法/審査制度・審査...)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手続詳細(特許法・出願公開制度)

2009/06/21 01:27
・前号では、権利化(主としては登録設定)までの手続概要を各法対比してまとめた。
・ここからは、出願〜登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。
・まずは、特許法の出願公開制度。

★☆ ブログ版第19号 2009年6月20日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



       〜手続詳細(特許法・出願公開制度)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


−−−−−−−−−−−−−−
■特許法における出願公開制度
−−−−−−−−−−−−−−
 1.出願公開: 出願の日から1年6月経過後に、特許庁によって公開される。

  (1)意義


  (2)出願公開されないもの


  (3)早期公開制度


★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信しています!        ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ ご覧されたい方はメルマガ登録していただければ幸甚です!  ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第20号 2009年6月21日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



     〜手続詳細(特許法・審査制度その1・・・)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


登録要件・認定要件(対比)

2009/06/20 00:42
特許法における登録要件から、不正競争防止法の営業秘密の認定要件など
登録要件・認定要件はそれぞれ相違しているため、対比してまためること
により理解していく。

★☆ 第18号 2009年6月19日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



  〜登録要件・認定要件(対比)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■登録要件・認定要件の対比

 ・知的財産を完成し、特許権等を受ける権利を所有した場合、所定の
  手続きを経て実質的な財産権を得ることができる。
 ・手続きの流れに沿って要件事項を各法で対比させることにより理解
  する。

●手続きの流れ

 1.客体   :

 2.登録要件 :

 3.出願の要否:

 4.公開制度 :

 5.審査制度 :
         
 6.登録設定 :

 7.権利期間 :


●対比させた権利(法)

−−−−
■特許権
−−−−
−−−−−−
■実用新案権
−−−−−−
−−−−
■意匠権
−−−−
−−−−
■商標権
−−−−
−−−−−−−−−−
■品種育成権(種苗法)
−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−
■営業秘密(不正競争防止法)
−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■配置設計権(半導体集積回路配置法)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−
■著作権
−−−−


☆☆☆ いつも御覧いただきありがとうございます!
☆☆☆
☆☆☆ 全文は、メルマガ配信しています!
☆☆☆
☆☆☆ メルマガ登録にご協力をお願いします!


■■次号の予定は...

★☆ 第19号 2009年6月20日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜各法における手続き詳細(特許)〜

前号まででは、各法において権利化(主としては登録設定)までの手続き
をまとめたが、本来は細部の理解も必要である。各法について、出願〜登
録設定までの細部およびポイントをまとめながら理解する。
次号は、特許法。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


定義事例(不正競争防止法/営業秘密)

2009/06/18 20:09
営業秘密は発明の保護である特許法と相対する知的財産の保護手法でもあ
り、営業秘密として認定されるための要件がある。それら、認定要件、および
、注意点についてを理解する。

★☆ 第17号 2009年6月18日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



  〜 定義事例(不正競争防止法/営業秘密)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■不正競争防止法における「営業秘密」

 1.生産方法、販売方法など、事業活動に有効な
   「技術上」「営業上」の情報

 2.秘密として管理されている

 3.公然としらていないもの

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.事業活動上の有効性について

   (1)「有効性」の判断は、客観的な判断基準がある。

      ・情報保有者自信が有用性を感じていない場合でも、客観的に
       秘密であれば、営業秘密となり得る。

      ・「有効性のある」例

         *ネガティブインフォメーション(失敗した研究の
          データ等)

      ・「有効性のない」例

         *反社会的な情報(脱税情報、不正廃棄情報、等)

         *個人のゴシップ、中身に有用性がない情報など

   (2)現時点での使用、利用をしている必要はない。

      ・将来的に有効あればよい。

 2.認定要件

   (1)有効性
 
   (2)秘密管理性

   (3)非公知性

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.弁理士法で規定されている、営業秘密に関する弁理士業務の範囲と
   して、

    ・技術上の情報は、弁理士の業務範囲。

    ・営業上の情報は、範囲外


       ##前回の資料について...

         「営業秘密」を弁理士業務範囲としていたが、
         「営業上の情報」は、弁理士業務範囲から除外。

■■次号の予定は...

★☆ 第18号 2009年6月19日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



  〜 登録要件・認定要件(対比)〜

特許法における登録要件から、不正競争防止法の営業秘密の認定要件など
登録要件・認定要件はそれぞれ相違しているため、対比してまとめることによ
り理解していく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


保護対象の定義(不正競争)

2009/06/17 23:18
不正競争防止法における不正競争の定義と、不正競争からの保護対象の範
囲を理解する。また、不正競争の「注意すべき」定義事例を提示し、それ
ぞれについて理解する。

★☆ 第16号 2009年6月17日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


〜 保護対象の定義(不正競争)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 掲示 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

  いつもブログにご訪問いただき感謝申し上げます。

  さて、本ブログと同一のコンテンツを、『まぐまぐ』さんのメルマガ
  でも配信しております。お陰様で読者様が増加しております。

  メルマガ読者様との利益バランスを確保するため、近々にブログコン
  テンツは、ダイジェスト版に変更となります。

  全文につきましては、サイト内のメルマガ登録からメルマガ配信登録
  をしていただきますと、配信メルマガにより御覧いただけます。

 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★


■不正競争防止法における「不正競争の客体」

 1.周知表示混同惹起行為

   ・需要者の間に広く認識されている商品等表示、類似のもの

     *人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品の容器、
      包装、その他の商品、営業を表示するもの

 2.著名表示冒用行為

   ・著名な商品等表示、類似のもの

   ・ドメイン名

      *特定商品等表示と同一若しくは類似のドメイン名であり、
       業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品、役務を表示
       するもの

      **不正利益の目的、他人に損害を加える目的、が要件

 3.原産地等誤認表示

   ・商品の原産地、品質、内容、製造方法、用途若しくは数量、
    その役務の質、内容、用途若しくは数量の表示

 4.パリ条約の同盟国、世界貿易機関の加盟国又は商標法 条約の締約国
   において商標に関する権利

   ・商標権に相当する権利のみ

 5.営業誹謗行為

   ・競争関係相手の営業上の信用

 6.商品形態模倣行為

   ・商品の形態

      *最初に販売された日から起算して三年を経過したものを除く。

 7.営業秘密

 8.営業上用いられている技術的制限手段により制限されている影像、
   音、プログラム

   ・技術的制限手段の無効化

 9.特定の者以外の者にのみ開示するため、営業上用いている技術的制限
   手段により制限されている影像、音、プログラム

   ・技術的制限手段の無効化(定義8以外)

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.周知表示混同惹起行為の保護対象

   ・「商号」は、登記とは無関係に、不正競争防止法の保護対象。

      *商標法では保護されない。

   ・周知とは、全国規模でなくてもよく、一部地域で周知あれば保護。

      *あいまいな範囲であるため、権利行使に制限がある。

   ・商標法で登録されなかったもの、権利期間が満了したものも保護。

      *ありふれた標章で拒絶されたもので、周知の商標など。

   ・広告塔、CM関連も保護される。

   ・3年以内に周知性を確保することが保護要件。

 2.著名表示冒用行為の保護対象

   ・著名性が要件であるため、市場の混同は無関係に保護される。

   ・商標法で登録されなかったもの、権利期間が満了したものも保護。

   ・3年以内に著名性を確保することが保護要件。

 3.商品形態模倣行為の保護対象

   ・意匠法の権利期間満了後も保護対象

      *意匠権が発生していなければ、発売から3年間が保護機関。

   ・コンピュータのフォントが保護対象

      *保護期間原則3年、が適用される。

 4.営業誹謗行為の保護対象

   ・誤り、偽りの比較広告によりライバル社の信用を害する。

   ・競合相手でない場合、不正競争防止法では保護対象外。

      *但し、民法上の問題となる可能性がある。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.営業秘密については、営業秘密として認定、保護されるための要件
   の規定があることに注意。

 2.弁理士法で規定されている、弁理士業務の範囲

   ・業務として扱える不正競争

      *周知表示混同
      *著名表示冒法
      *原産地誤認等
      *形態模倣
      *営業誹謗
      *営業秘密

        **意匠権や商標権、あるいは、特許権等と関連してい
          るからだと考えられる。

   ・扱えない不正競争

      *技術的制限無効化(コピープロテクトのキャンセル)

        **著作権に関連するものであるからだと考えられる。

■■次号の予定は...

★☆ 第17号 2009年6月18日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


  〜 定義事例(営業秘密)〜

営業秘密は発明の保護である特許法と相対する知的財産の保護手法でもあ
り、営業秘密として認定されるための要件がある。それら、認定要件、および
、注意点についてを理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


保護対象の定義(品種)

2009/06/16 21:18
種苗法における品種の定義と保護対象の範囲を理解する。また、品種の「注
意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

★☆ 第15号 2009年6月16日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 保護対象の定義(品種)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■種苗法における「品種」

 1.種苗法における「農林水産植物」と「植物体」

   ・「農林水産植物」とは、農産物、林産物及び水産物の生産のため
    に栽培される種子植物、しだ類、せんたい類、多細胞の藻類、そ
    の他政令で定める植物をいう。

   ・農林水産植物の個体を「植物体」をいう。

 2.種苗法における「品種」と「種苗」

   ・「品種」とは、重要な形質に係る「特性」の全部又は一部によっ
    て、他の植物体の集合と「区別」することができるものをいう。

   ・さらに、その特性の全部を保持しつつ繁殖させることができる、
    一の植物体の集合をいう。

   ・植物体の全部、又は一部であり、繁殖の用に供されるものを
   「種苗」という。

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.種苗法は「品種登録制度」でもあるので、「定義」自体に登録要件が
   含まれている。

   ・登録要件があり、審査があることから、特許法を含めて産業財産法
    との類似性があるので、対比して考え安い。

     *出願先が、特許庁/農林水産省と異なる等。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.品種の「名称」の制限
 
   ・既に品種登録されている品種の名称と同じ又は類似のものは不可。

   ・品種の名称も重要な要件なので、商標法、不正競争防止法等により
    制限を受ける。

   ・品種名称を登録する上で、商標とのクロスサーチが必要。

 2.種苗法による保護と特許法による保護

   ・品種の発明とも解釈できるため、特許権と重複の保護を受ける
    可能性もある。

   ・重複保護以外については以下のように考える。

     *特許法では・・・
       品種の上位概念(科、属、種)での保護、または、
       下位概念(遺伝子)レベルでの保護
       育成方法の保護。

     *種苗法では・・・
       品種(植物)自体の保護


■■次号の予定は...

★☆ 第16号 2009年6月17日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


〜 保護対象の定義(不正競争)〜

不正競争防止法における不正競争の定義と、不正競争からの保護対象の範
囲を理解する。また、不正競争の「注意すべき」定義事例を提示し、それ
ぞれについて理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A






記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


定義事例(著作物)

2009/06/15 16:56
著作物とは知的・文化的精神活動の所産全般を指す判例もあり、その定義
は広範囲に及び、条文による定義だけでは理解が不足しがちである。その
ため、別途定義事例を提示し、それぞれについて理解していく。

★☆ 第14号 2009年6月15日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 定義事例(著作物)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■著作権法における「著作物」

 1.著作権法における、「著作物の例示」

  (1)言語の著作物
     ・小説、脚本、論文、公演、その他
     ・俳句、準ずるものは、短いが、言語の著作物

  (2)音楽の著作物

  (3)舞踊、無言劇の著作物

  (4)美術の著作物
     ・絵画、版画、彫刻、その他

  (5)建築の著作物

  (6)図形の著作物
     ・地図、学術的な性質の図面、図表、模型

  (7)映画の著作物

  (8)写真の著作物

  (9)プログラムの著作物
       *プログラム言語は著作物ではなく、取決め

 2.二次的著作物

   ・著作物(原著作物)をベースに、「翻訳」「編曲」「映画化、
    アニメ化」、・・・、をし、創作性のある著作物。

 3.編集著作物

   ・素材自体がありふれていても、素材の選択、配列、に創作性を
    有する著作物。

 4.データベースの著作物

   ・情報自体がありふれていても、情報の選択、体系、に創作性を
    有する著作物。

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.思想又は感情の「創作性」「表現されている」ものはすべて著作物
   と考え、且つ、倫理性、道徳性も問われない、基本原則に注目。

  (1)図形の著作物 「地図」

     ・縮尺、配色などに創作性(個性)を発揮して製作できるため、
      著作物となる。
  
     ・白地図など、例外的に創作性(個性)はないものもあり、保
      護されない地図もある。

  (2)映画の著作物

     ・映画の効果、すなわち、視覚的効果を生じるものは映画の著作物

       *テレビゲームソフトが映画の著作物と認定された判例あり。

         **但し、権利範囲が少しことなる(後出)。

  (3)写真の著作物

     ・構図、露出、などの選択が撮影者の創作性があるため。

       *証明写真、防犯カメラ画像、は創作性はないと判断。

        **上記についても、社会通念を超える異常な利用に対
          しては保護対象。

 2.第十条に列挙される著作物は、単なる例示と考える。

   ・著作権においては、定義の理念が大切、であると考える。


 3.著作物と認定されにくいものもある。

   ・漫画、アニメの「キャラクター(性格、人格)」自体は認定さ
    れないと考える。

     *キャラクターの具体的な絵などが著作物となる。

   ・キャッチフレーズ、スローガンなど、短いものも認定されにくい。
 
     *「新聞の見出し」も著作物ではない判例。

       **新聞は事実に基づくものではあるが、背景、見込等を
         利用し、創作性があるため著作物である。

     *俳句、準ずるものは芸術性があるため、原則的に著作物。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.それぞれの著作権

  (1)著作権は、複数の権利(支分権)の束で構成されている。

  (2)それぞれの著作物はそれぞれの支分権により保護されるため、
     それぞれの著作物の定義を良く理解しておく必要がある。

     ・著作物の「利用」のされ方が、著作物の種類に依存する。そ
      のため、著作物自体の保護方法が異なざるを得ないのでは。

■■次号の予定は...

★☆ 第15号 2009年6月16日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 保護対象の定義(品種)〜

種苗法における品種の定義と保護対象の範囲を理解する。また、品種の「注
意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■難関国家試験受験突破の強力ツール!!
   「速読トレーニング」で夢の実現に一歩前進!!詳しくは↓
  
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HY3AE+987WC2+1JMI+66WOZ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アフィリエイトのFind-A





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


保護対象の定義(著作物)

2009/06/14 15:55
著作権法における著作物の定義と保護対象の範囲を理解する。

★☆ 第13号 2009年6月14日 発信 −−−−−−−−−−−−−−



     〜 保護対象の定義(著作物)〜



−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■著作権法における「著作物」の定義

 ・思想又は感情を創作的に表現したものであつて、

 ・文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.思想又は感情を創作的に表現したも

  (1)思想、感情の創作物

     ・特許における発明と大きく異なる点は、産業上の利用価値
      などは問題にならない。
  
     ・特に「意匠(工業)デザイン)」との仕分けは大切で、

        量産品:意匠 ⇔ 一品物:著作物

      と考えたりもする。ただし、重複して保護されるケースも
      多い。

  (2)表現の必要性

     ・紙(媒体)に書いたり、写したり、口に出して読んだり、
       声に出して歌ったりすることが必要。

     ・文字、記号、音、色、等により表現すること。

       *頭の中のアイデアだけでは、保護されない。

 2.文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの

  (1)産業や工業等の範囲とは異なるものという意味であり、厳密
     に文芸や音楽の範囲と規定されているわけではない。

     ・倫理性、道徳性は求められない。

       *著作物を無断で改変して二次的著作物を創作した場合で
        あっても、著作権の侵害にはなるが、二次的著作物は著
        作物として保される。

  (2)工業的な実用品であっても、芸術性の高いものは著作物とな
     り得る。

     ・知的・文化的精神活動の所産全般を指す、判例あり。

       *審査により著作物か否かが決定される訳ではないため、
        オリジナリティのある創作物はすべて著作物と考えてお
        いたほうが良い。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.公益上の制限を受けるもの

  (1)条約、法律、命令(政令・省令など)、条例等の一切の法令。
    
     ・外国の法令も含む。

  (2)国・地方公共団体の機関又は独立行政法人等が発する告示、
     訓令、通達その他これらの類するもの

     ・各種の「***白書」などの調査報告書は、著作物として
      保護される。

  (3)裁判所の判決・決定・命令・審判、行政庁の裁決・決定で、
     裁判に準ずる手続により行われるもの

  (4)国・地方公共団体の機関又は独立行政法人等が作成する、
     (1)〜(3)の翻訳物及び編集物

     ・但し、「一般人によるものは保護」される。

  この規定は、一般大衆に広く周知し、利用してもらうという考え方。


■■次号の予定は...

★☆ 第14号 2009年6月15日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 定義事例(著作物)〜

著作物とは知的・文化的精神活動の所産全般を指す判例もあり、その定義
は広範囲に及び、条文による定義だけでは理解が不足しがちである。その
ため、別途定義事例を提示し、それぞれについて理解していく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A








記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


保護対象の定義(商標)

2009/06/13 17:54
商標法における商標の定義と保護対象の範囲を理解する。また、商標の「注
意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

★☆ 第12号 2009年6月13日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 保護対象の定義(商標)〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★


■商標法における「商標」の定義

 ・文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと
  色彩との結合(以下「標章」)

 ・業として「商品」を生産し、証明し、又は譲渡する者が、その商品につい
  て使用をする標章
  
    *トレードマーク

 ・業として「役務」(サービス)を提供し、又は証明する者が、その役務に
  ついて使用をする標章

    *サービスマーク

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.視覚的に識別可能である必要がある。

  (1)音、香、味覚、は不可

  (2)色彩は付随するものとの考えから、色彩のみは不可

 2.立体標章も保護対象

  (1)手続上の問題として、立体商標出願は最初からその旨を記載する
     必要がある。

     ・(平面)商標から立体への補正は、要旨変更のため、不可。

 2.商標(標章)は「静的」である必要がある。

  (1)動的なものは不可

     ・例えば、動画、パントマイムなどは動がきある。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.登録要件

  (1)商品(役務)の識別力があること、大原則。

     ・ありふれている氏、は識別力なし。

        *山田、田中、など

     ・簡単な文字、数字、記号、は識別力なし。

        *123、@A、abc、○△、など

        **ただし、ロゴ化、モノグラム化、他の記号との組合せ
          により、識別力を有せば可能。例:渋谷109のロゴ

     ・原産地、材料、品質等を普通に表示したものは識別力なし。

     ・普通名称、は不可

        *パーソナルコンピュータなど。

        **さらに、普通名称の短縮(パソコン)も普通名称。

     ・「慣用商標」
 
        *商品「酒」に対する標章「正宗」、など。

        **但し、周知性があれば、登録の可能性がある。

     ・誰の商品・役務か不明であるもの。

        *なんらかのキャッチフレーズ、など。

  (2)上記のケースにおいても、大々的な広告、販売の後に、識別力が
     発生し、識別可能になってきた場合は、登録の可能性がある。

        *但し、「全国規模の識別力」が必要である。

 2.公益上の制限を受けるもの

  (1)国旗、菊花紋章、勲章、褒章と同一、類似のもの

  (2)国外で登録されているが国内で登録されていない商標の先取り

     ・不正目的の場合

  (3)品質を誤認するような組合せ

     ・商品が「磁気ディスク」で、標章が「光ディスク」という例。

  (4)有名な芸名や、他人のフルネーム

     ・仮に登録になったとしても、使用権が認められてしまうか、
      拒絶理由となってしまう可能性がある。

  (5)既にある地域で知れ渡っているもの。

  (6)取引者間で有名なもの。

  (7)他人に不快な印象を与えるものや、公序良俗に反するもの。

  (8)国際連合その他の国際機関を表示する標章であって、経済産業
     大臣が指定するものと同一又は類似のもの。

  (9)「赤十字」「ジュネーブ十字」「赤新月」
     「赤のライオン及び太陽」の名称、など。

  その他、いくつか規定がある。

■■次号の予定は...

★☆ 第13号 2009年6月14日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 保護対象の定義(著作物)〜

著作権法における著作物の定義と保護対象の範囲を理解する。また、著作物
の「注意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■難関国家試験受験突破の強力ツール!!
   「速読トレーニング」で夢の実現に一歩前進!!詳しくは↓
  
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HY3AE+987WC2+1JMI+66WOZ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


保護対象の定義(意匠)

2009/06/12 23:12
意匠法における意匠の定義と保護対象の範囲を理解する。また、意匠の「注
意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

★☆ 第11号 2009年6月12日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


          〜 保護対象の定義(意匠) 〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

■意匠法における「意匠」の定義

 ・物品(物品の部分を含む)の「形状」「模様若しくは色彩」又はこれら
  の結合であって、「視覚を通じて」美感を起こさせるも

 ・物品の操作の用に供される画像であり、物品等に表示されるもの

   *物品がその機能を発揮できる状態にするために行われるもの)

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.デザインにおいて「視覚的な美観」を感じるデザインのみ。

   ・触覚も含む、他の感覚は不可。

   ・「需要者」が美観を感じるもの。

 2.機能を発揮できる状態にする画像の代表格としては、

   ・録画装置における録画操作パネルに表示されるデザイン等。

   ・OSや一般的なアプリケーションソフトの画像は、装置を起動した
    りする訳ではないから保護対象外と考える。

 3.デザインコンセプトのみ、は不可。

 4.特殊な意匠

  (1)部分意匠

     ・製品の特定の部分のデザイン。

  (2)組物意匠、機能的一体物

     ・多物品の組合せにより統一的な美観を有するデザインのため、
      セットで一意匠として保護。

       *例えば、1本は平凡なデザインのスプーンであっても、
        セットにすると統一的な美観を感じるもの。

       *靴や靴下などは一対で一意匠

  (3)動的意匠

     ・機能に基づいて変化する(動く)デザイン

       *回転している状態のデザインが美しいコマ。

       *各パーツを折り曲げることで自動車からロボットへ変形
        するようなおもちゃ。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−
 1.登録要件として

  (1)工業的手法により量産可能であること。

     ・自然が生み出した造形美は、量産不可能のため、不可

  (2)市場で流通する動産であること。

     ・不動産も、量産化が不可能との考えから、不可。

     ・門扉など、「売買取引の時点で動かすことが可能」なものは、
      不動産的ではあるが保護対象

 2.部分意匠は出願のタイミングに注意

  (1)1つの製品で全体意匠、部分意匠を出願する場合、

     ・同一出願人であること。

     ・全体意匠の意匠登録公報が発行される前に、部分意匠を
       出願すること。

 3.著作物との仕分け

  (1)基本的発想として、量産品が「意匠」、一品物が「著作物」

     ・実用品としての応用美術は、美術の著作物として、著作権法
      でも保護され、多重に保護される。

■■次号の予定は...

商標法における商標の定義と保護対象の範囲を理解する。また、商標の「注
意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。

★☆ 第12号 2009年6月13日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


     〜 保護対象の定義(商標)〜


−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■難関国家試験受験突破の強力ツール!!
   「速読トレーニング」で夢の実現に一歩前進!!詳しくは↓
  
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HY3AE+987WC2+1JMI+66WOZ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓









記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


定義事例(特許、考案)

2009/06/11 15:06
特許法、実用新案法における発明・考案に対する「注意すべき」定義事例を提示し、それぞれの定義の類否・相違について理解する。

★☆ 第10号 2009年6月11日 発信 −−−−−−−−−−−−−


      〜 定義事例(特許、考案)〜

  特許法、実用新案法における発明・考案に対する「注意すべき」定義
  事例を提示し、それぞれの定義の類否・相違について理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査パーソン ☆★

■発明の大別

 条文の定義に沿った発明は、以下の3つに大別されると理解する。

  ○「物」の発明

  ○「方法」の発明

  ○「物」を「生産する方法」の発明


■特許法おける「発明」、定義事例

 ○「保護対象外」の事例

   ・発見や天然物。
     *創作物であることに反するため。

   ・荒唐無稽なものや、明らかに実施不可能な発明。
     *産業上利用可能に反するため。

   ・永久機関、および、類するもの。
     *自然法則に反するため。

 ○「保護対象」の事例

   ・天然物から「人為的に分離」した物質は、保護対象。

   ・物」「方法」「物の生産方法」、且つ、保護対象外ではないもの。

   ・新品種(種苗法との重複保護となる可能性がある)
     *品種育成方法や、DNA配列など。

■実用新案法における「考案」、定義事例

 ○「保護対象外」の事例

   ・方法」「生産方法」は保護対象外。

   ・化学物質、金属などの物質の組成、コンピュータプログラム自体。
     *「目に見える」形状を特定できないものは、形状他規定に反
      するから、特許出願とする。
     *コンピュータプログラムは、「方法」の発明。

 ○「保護対象」の事例

   ・化学物質における「錠剤」/金属組成などにおける「インゴット」
     *形状、構造を特定可能であるため保護可能。

−−−−−−−−
★理解のポイント★
−−−−−−−−
 1.発明の大別は権利行使範囲において重要ポイント。

 2.特許では、定義条文の分節それぞれに反するものを想定する。

 3.実用新案では、形状特定の要件。

  (1)同じ化学物質であっても、粉末/錠剤で分かれることになる。

  (2)コンピュータプログラムは形状という概念が元来ない。最初
     から特許出願で、と考えることが重要。

−−−−−−
★関連事項★
−−−−−−

 1.保護対象外のものを実用新案登録出願した場合、補正命令が発せら
   れ、補正期間を指定される。

  (1)補正を実施しない場合、出願は「却下」処分となる。

  (2)却下処分手続きに対しては、取消行政訴訟の請求(出訴)が
     可能。

      a)査定では審判制度があるが、直接、行政訴訟を請求

      b)出訴期間については(正当な理由がない場合)2通り
        ・処分、裁定を知った日から、 6ヶ月
        ・処分、裁定の日から、   12ヶ月

■■次号予定は...

★☆ 第11号 2009年6月12日 発信 −−−−−−−−−−−−−−−


        〜 保護対象の定義(意匠)〜

  意匠法における「意匠」の定義と、保護対象となる範囲の考え方を理
  解する

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆★


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■難関国家試験受験突破の強力ツール!!
   「速読トレーニング」で夢の実現に一歩前進!!詳しくは↓
  
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HY3AE+987WC2+1JMI+66WOZ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓













記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


保護対象の定義(特許・実用新案)

2009/06/10 15:21
保護対象の定義(特許・実用新案)

★☆ 第9号 2009年6月10日 発信 −−−−−−−−−−−−−−


       〜 保護対象の定義(特許・実用新案) 〜

  ・特許法、実用新案法における、発明・考案の定義を対比させて理解
する。また、実用新案登録出願手続きに関連した部分を理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査マン1号 ☆★


■特許法における「発明」の定義

 ・自然法則を利用/技術思想の創作/高度なもの。

■実用新案法における「考案」の定義

 ・自然法則を利用/技術思想の創作のもの。
 ・物品の形状、構造又は組合せに係るもの。

−−−−−−−−
★理解のポイント
−−−−−−−−
 1.「発明」(特許)か「考案」(実用新案)の違いは、「高度」か否か。

 2.実用新案の特徴(特許との対比において)

 (1)物品の形状、構造又はそれらの組合せが保護対象。

    ・主として、形状のあるもの、と考えておく。

 (2)「方法」の発明は、保護対象外

    ・「方法」は特許登録出願とする。

    ・コンピュータプログラムは、「方法」の発明。

 (3)手続上の特徴

    ・「請求の範囲」においても、
       ○○装置、△△システム、□□構造
     などと記載する必要があり、怠ると補正の対象となる。


■■次号予定は...

★☆ 第10号 2009年6月11日 発信 −−−−−−−−−−−−−


    〜 定義事例(特許、考案)〜

  ・特許法、実用新案法における発明・考案の、注意すべき定義事例を
   提示し、それぞれの定義の違いについて理解する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆★

画像

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■難関国家試験受験突破の強力ツール!!
   「速読トレーニング」で夢の実現に一歩前進!!詳しくは↓
  
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HY3AE+987WC2+1JMI+66WOZ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓








知的財産管理技能検定3級問題集
楽天ブックス
この一冊で完全攻略!資格問題集 著者:廣田浩一/山の手総合研究所出版社:池田書店(新宿区)サイズ:単


楽天市場 by ウェブリブログ

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


理念と定義(保護対象)−対比−

2009/06/09 20:30
★☆ 第8号 2009年 6月 9日 発信 −−−−−−−−−−−−−−−−−

        〜 理念と定義(保護対象)−対比− 〜


  ・二級知的財産管理技能士検定受検に向けて、全体構成の見直しの
   必要性を感じ、後戻り的な本号を発信

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− by 特許調査マン1号 ☆★

■二級知的財産管理技能士検定に合格するためには、

  特許法、実用新案法、意匠法、商標法で構成される産業財産権4法
  種苗法
  著作権法
  不正競争防止法
  独占禁止法
  民法(契約、他)
  等

 等を主として勉強する必要がある。

 まず、「法を理解するため」には、理念、保護対象、定義等、を良く理解し
 て置く必要があると考えている。

 以下で、理念と保護対象を対比によりまとめた。

−−−−
■特許法
−−−−
 ・「発明」の利用と保護
 ・「発明」の奨励
 ・「産業の発達」に寄与

−−−−−−
■実用新案法
−−−−−−
 ・「考案」の利用と保護
 ・「考案」の奨励
 ・「産業の発達」に寄与

−−−−
■意匠法
−−−−
 ・「意匠」の利用と保護
 ・「意匠」の奨励
 ・「産業の発達」に寄与

−−−−
■商標法
−−−−
 ・「業務上の信用」の保護
 ・「産業の発達」に寄与

−−−−−
■著作権法
−−−−−
 ・「文化的所産」の公正な利用
 ・「著作者等の権利」の保護
 ・「文化の発展」に寄与

−−−−
■種苗法
−−−−
 ・「品種」の育成の振興
 ・「種苗の流通」の適正化
 ・「農林水産業の発展」に寄与

−−−−−−−−
■不正競争防止法
−−−−−−−−
 ・「事業者間の公正な競争」の確保
 ・「国際約束」の的確な実施の確保

−−−−−−
■独占禁止法
−−−−−−
 ・「公正且つ自由な競争」の促進
 ・「事業者の創意」の発揮、「事業活動」の活性化
 ・「雇用及び国民実所得水準」の向上
 ・「一般消費者の利益」の確保、「国民経済の民主的で健全な発達」の促進

以上、保護対象、および、発展目標に主たる領分があることに注目すべき。


・その他、契約等、民法を学ぶ必要があるが、一般法であるため、理念は割愛
 する。



■■次号の予定
★☆ 第9号 2009年年 6月10日 発信 −−−−−−−−−−−−−−−−

  〜 保護対象の定義(特許、考案)〜

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


画像






知的財産管理技能検定2級キーノート
楽天ブックス
License books 著者:オーム社/ユビランド知的財産綜合事務所出版社:オーム社サイズ:単行



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


出願書類のポイント −実用新案登録出願−

2009/06/08 14:41
★実用新案登録 出願書類のポイント★

■全体的要件:

  ・「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」、に加え、「図面」が必須。
 
    *「図面」が必須な点は、特許とは異なる。

■各書類の要件:
  ・「請求の範囲」には、「○○装置」、「○○システム」、「○○構造」
    等と記載する。

    *実用新案は、物品の構造、形態、その組合せ、のみ出願が可能で
     あるため。
 
    *「○○の方法」と記載した場合、補正を明示される

  ・「図面」は、必須

    *手書きでも問題ない


●次回は、意匠登録出願の出願書類のポイントをまとめる。

画像




知的財産管理技能検定2級・3級完全合格テキスト&問題集
楽天ブックス
著者:松井孝夫/岩永和久出版社:日本能率協会マネジメントセンターサイズ:単行本ページ数:318p発行



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


特許出願のポイント −特許登録出願− ★発明の単一性

2009/06/07 20:05
発明の単一性

★二以上の発明についても、技術的関係(発明の単一性の要件)を満たせば、
 一つの願書で特許出願することができる。

  ・1つの願書で、2つ以上の発明を出願することができる。

  ・技術的関係については、判断類型が示されている。


■発明の単一性の判断類型

それぞれの発明に特許性があり、且つ、

 @ 同一の特別な技術的特徴を有している場合。

 A 先行技術との対比において、発明が有する技術上の意義が共通、
   若しくは、
   密接に関連している場合、
   又は、
   特別な技術的特徴が相補的に関連している場合。

   ・例示

    請求項1:窒化ケイ素に炭化チタンを添加してなる電導性セラミックス
    請求項2:窒化ケイ素に窒化チタンを添加してなる電導性セラミックス
 
     * 電導性セラミックスという技術上の意義で、2つの発明は密接に
        関連している。

 B 「物を生産する方法、機械、器具、装置等」が、「物」の生産に
   適している場合。

 C 「物を使用する方法」が、「物」の使用に適している場合。

 D 「物を取り扱う方法、物」が、「物」の取り扱いに適している場合。

   ・例示

    請求項1:物質A
    請求項2:物質Aを特定の圧力、温度、気体成分比率の状況下で
         保存する方法

     * 物質A、および、物質Aの取扱いに適している関係。

     ** ただし、物質Aに特許性が無い場合、単一性の要件は満たさない。

 E 「方法の実施に直接使用する機械、器具、装置等」が、「方法」の
   実施に直接使用することに適している場合。

 F マーカッシュ形式の記載方法に於いても、各選択肢間で判断される。


画像






知的財産管理技能検定2級レベルアップ問題集(2)
楽天ブックス
知財マネジメント編 知財シリーズ 著者:IP研究会出版社:三和書籍サイズ:単行本ページ数:146p発



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出願書類のポイント −特許登録出願−

2009/06/06 22:03
特許登録出願 書類のポイント

■全体的要件:

  ○「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」が、必須。

     *それぞれが独立した「書類」と考える。

  ○複数の発明を含めることができるが、発明の単一性、が必要。

     *満たさない場合、「拒絶の理由」にはなるが、「無効の理由」
       にはならない。

  ○技術範囲「特許請求の範囲」の特定に、明細書、図面が参酌される。

     *要約は参酌されない。

■各書類の要件:

  ○「請求の範囲」は、簡潔明瞭に記載

     *請求項に区分して記載する。

     *発明を特定するために必要と認められる事項のすべてを
       記載する。

  ○「明細書」は、明解、かつ、十分に記載

  ○「発明の詳細な説明」では、(知り得た)先行技術文献の開示義務が
    あり、怠れば、拒絶理由となる

     *知り得なければ問題ないが、審査官の裁量で決められる。

  ○「発明の実施の形態」のうち、出願人が最良と思うもの(ベストモー
    ド)を少なくとも1つ記載する必要がある

  ○「図面」は任意

     *手書きでも問題ない


●次回は、結構重要なポイントである「発明の単一性」について、提示されてい事例も含めて覚える。



画像






知的財産管理技能検定2級レベルアップ問題集(1)
楽天ブックス
法規編 知財シリーズ 著者:IP研究会出版社:三和書籍サイズ:単行本ページ数:144p発行年月:20



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出願書類(対比)

2009/06/05 15:02
(1)特許登録出願

   ○必須要件
     *「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」

   □任意要件
     *「図面」

     **「図面」は、手書き等でも問題ない

(2)実用新案登録出願

   ○必須要件
     *「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」、「図面」

     **「図面」が必須要件である点、特許と異なる。

(3)意匠登録出願

   ○必須要件
     *「願書」、「図面」

     **「図面」に代わるものとして、「写真」、「ひな形」、「見本」

(4)商標登録出願
 
   ○必須要件
     *「願書」

(5)品種登録出願(種苗法)
 
   ○必須要件
     *「願書」
     
   △(条件によっては、)「実物の種子」等が求められる場合あり

(番外)著作権

   *「無方式主義」のため、出願は不要
   
   **著作物の完成時点で、実質的な権利が発生する。


■次回は、各出願個別の出願書類のポイント、についてまとめたいと思う。
 最初は、特許登録出願から。


画像




知的財産管理技能検定3級必携模擬試験
楽天ブックス
学科・実技対応 著者:知的財産検定普及会出版社:東京官書普及サイズ:単行本ページ数:106p発行年月


楽天市場 by ウェブリブログ



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


権利の移転(譲渡)と出願

2009/06/04 15:41
発明等を完成して、特許等を受ける権利を所有したとしても、「方式主
義」により、実質的な「財産権」等は、まだ、発生していない。

可能なものといえば、

 (1)自分自身が実質的な財産権を所有したいと思う場合

    *自ら、「(登録)出願」を行なう(手続き等は、後日)
    *自ら独占して利益を得ることが可能

 (2)会社へ権利を譲渡し、インセンティブを得る(日本では一般的)

    *会社へ権利を「譲渡」し、法人として「出願」する
      (職務発明、詳細は後日)
    *発明等の重要度によって、会社からのインセンティブを得ることが
     可能

 (3)特定の会社に売込む

    *例えば、会社に権利を譲渡し、法人に「出願」してもらう。
    *譲渡は有料で行い、対価を得る。

等が自分としては考えられる。


特許等を受ける権利を譲渡する場合、金銭的なやり取りが可能かもしれない
が、このやり取りについては、双方で協議をして決める契約のみ有効だと思
われる。

また、複数の他人と譲渡契約を結ぶことも可能だが、この場合次の点を注意
する必要があるだろう。

 (1)譲渡を受けた者の内、最先の出願した者のみに、特許等登録の可能
    性があること。

 (2)最先の出願にのみ登録の可能性があるため、重複に譲渡契約をした
    りして、万一相手方に損害を与えれば、訴えられるかもしれない。


次回は、出願書類を各法で対比させてれば覚えたい。


画像






知的財産管理技能検定3級必携過去問題(2008年7月実施(第1回検定)
楽天ブックス
学科・実技対応 著者:知的財産検定普及会出版社:東洋法規出版/東京官書普及サイズ:単行本ページ数:1



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


特許等を受ける権利の発生

2009/06/03 16:48
産業財産権4権と、著作権とで、原始的な権利の発生の仕方が異なると
理解する。

(1)特許権等では:

発明等の完成の時点で、特許等を受ける権利が発生する。

しかし、この権利は実質的な財産権等ではなく、「出願」〜手続〜「登録設定」、
を経て、特許権等の実質的な財産権に、「昇格」する。

(2)著作権では:

著作物の創作の時点で、著作権が発生するが、著作権は、この時点で、財産権と
人格権が発生する。

そのため、著作権は、「無方式主義」と呼ばれて、特許等で必要な審査などの手続を
経ず、権利が発生する。

(3)権利の比較

特許権等と著作権の権利の比較としては、権利の発生から比較すると覚えるのに
混乱すると思えるので、

 A.特許権等を受ける権利については、産業財産権4権の特別な例として覚える。

 B.特許権等では登録設定が完了して実質的な権利の発生した時点と、著作権を
   比較するのが考え安い。

A.特許権等を受ける権利

  発明等の完成により発生

  発明等の完成に寄与した者にのみ、発生する
   
    *法人は、完成に寄与できないので、法人には発生しない
      (出願人と混同しないこと)

  譲渡が可能

    *自然人から法人へ譲渡することで、法人が出願する権利が発生する

    *複数への譲渡が可能であるが、「出願」のみが、第三者に対抗できる


  質権・抵当権の目的とすることはできない

    *特許等を受ける権利、は、明確な公示がないため、取引の安全性がかけるため。


以上、特許等を受ける権利の発生について。


画像






知的財産管理技能検定2級レベルアップ問題集(2)
楽天ブックス
知財マネジメント編 知財シリーズ 著者:IP研究会出版社:三和書籍サイズ:単行本ページ数:146p発



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


知的財産管理技能検定に向けて・・・

2009/06/02 21:24
★みなさん、一緒に知的財産管理技能検定に合格しましょう!

 7月の第4回検定試験に申し込みました!目指すは、まず、二級


 前回、三級に合格しないと二級は受検できないと勘違い、三級に申し込ん
 でしまいました。トホホ。

 一応、変更はお願いしたのですが全く相手にされず...規約にも変更その
 他は一切応じないと、書いてありました。

 あきらめて受検しました。

 でも、ラッキーなことに、技能士を名乗れることに気づき、なんだか嬉しくな
 りました。

 
★2級として公式テキスト(3冊セット)を結構精査しました。

 しかし、直近の2級の問題は6割程度しか、解けませんでした。

 旧来の知財検定に比べると、回数を追うごとに難易度が大幅UPしたと感じ
 ています。

 そんな訳で、自分なりに整理し、アップしながら覚えようと思います。





知的財産管理技能検定2級・3級実践予想問題集
楽天ブックス
著者:アイピーネットワーク出版社:法学書院サイズ:単行本ページ数:160p発行年月:2008年06月



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年6月のブログ記事

トップへ








知的財産管理技能士は、条文の夢を見るか? 2009年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる