外国への特許出願

・外国への出願の手続や規定、パリ条約、国際特許協力条約(PCT)に基づく出願手続
 の相違、また、TRIPS(知的財産権貿易)協定に関する注意点などをまとめる。

★☆ ブログ版第27号 2009年6月28日 発信 --------------



             ~外国への特許出願~ 



-------------------------- by 特許調査パーソン ☆★

★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

---------
■外国への特許出願
---------
1.出願手続の推移、に対する考え方

 (1)外国(出願したい国)へは直接出願する。


 (2)パリ条約(1883年)の成立


 (3)国際特許協力条約(PCT:1970年)の成立


 (4)まとめ


--------------------------------
■パリ条約に基づく外国出願(パリルートなどと呼ばれることもある)
--------------------------------
1.三大原則

 (1)各国特許独立、内国民待遇、優先権制度

2.優先権制度

 (1)第一国の出願(基礎出願)をした後、一定の期間内に他の同盟国に出願を行なう
    と、審査における特許性(新規性、進歩性など)の判断基準時を基礎出願の日に
    遡及してもらえる。

 (2)優先権が利用できる期間は、特許・実用新案は12月。

 (3)国際出願を基礎とする優先権の主張、が可能。


-------------------------------------
■国際特許協力条約に基づく外国出願(PCTルートなどと呼ばれることもある)
-------------------------------------
1.理念

 (1)パリ条約の出願手続統一化に関する補間であろう。

2.手続

 (1)国際出願


--------
■TRIPS協定
--------
1.理念

 (1)すべての知的所有権の貿易関連の側面に関する協定

 (2)ほとんどの知的財産権について適用される。

 (3)「ミニマム」スタンダードの規定。

 (4)WTO加盟国すべてに適用される。

2.国際条約(パリ条約、特許協力条約)と原則の違い

 (1)最恵国待遇の原則

 (2)例外規定の多い内国民待遇

3.異なる点(代表例)

 (1)商標権の保護期間


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第28号 2009年6月29日 発信 --------------



             ~特許権マネジメント その3~

・特許権を侵害される場合、侵害をしてしまう行為の防止、水際対策などについて。
・また、特許調査についてもまとめ手理解する。

-------------------------- by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A