特許権マネジメント その1

・特許権行使のポイント、実施権、先使用、家庭内使用など権利の及ばない範囲などにつ
 いてまとめる。

★☆ ブログ版第25号 2009年6月26日 発信 --------------



             ~特許権マネジメント その1~ 



-------------------------- by 特許調査パーソン ☆★

★☆☆☆☆☆ (お知らせ) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★
★☆                                       ☆★
★☆ いつも御覧いただきありがとうございます!            ☆★
★☆                                       ☆★
★☆ 全文はメルマガ(まぐまぐさん)で配信中です!          ☆★
★☆                                       ☆★
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆★

-------
■特許権の範囲
-------
1.権利の範囲

 (1)特許された発明を、業として実施権利を「専有」する。

 (2)専用実施権を「設定」することができる。

 (3)通常実施権を「許諾」することができる。

 (4)独占的通常実施権を「許諾」することができる。

2.権利行使の制限

 (1)家庭内での実施には、権利が及ばない。

 (2)試験・研究を目的とした実施には、権利が及ばない。

 (3)先使用者の実施には、権利が及ばない。

 (4)「裁定」をもって、通常実施権が許諾される場合がある。

3.仮実施権

 (1)特許を受ける権利を有する者は、仮専用実施権の設定、仮通常実施権の許諾が
    可能

 (2)2008年2月に閣議決定


■■次号の予定は...

★☆ ブログ版第26号 2009年6月27日 発信 --------------



              ~特許権マネジメント その2~ 


・特許権の処分(権利期間、譲渡、相続・継承、放棄など)、共同発明・出願での注意点
 などをまとめる。

-------------------------- by 特許調査パーソン ☆★

アフィリエイトのFind-A