テーマ:資格

外国への特許出願

・外国への出願の手続や規定、パリ条約、国際特許協力条約(PCT)に基づく出願手続  の相違、また、TRIPS(知的財産権貿易)協定に関する注意点などをまとめる。 ★☆ ブログ版第27号 2009年6月28日 発信 --------------              ~外国への特許出願~  ----…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特許権マネジメント その2

・特許権の処分(権利期間、譲渡、相続・継承、放棄など)、共同発明・出願での注意点  などをまとめる。 ★☆ ブログ版第26号 2009年6月27日 発信 --------------           ~特許権マネジメント その2~  -------------------------- by 特許…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許権マネジメント その1

・特許権行使のポイント、実施権、先使用、家庭内使用など権利の及ばない範囲などにつ  いてまとめる。 ★☆ ブログ版第25号 2009年6月26日 発信 --------------              ~特許権マネジメント その1~  -------------------------- by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法・審査制度/査定とその後)

・出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・特許法の査定と、その後の対応について。 ★☆ ブログ版第24号 2009年6月25日 発信 --------------       ~手続詳細(特許法・審査制度/査定とその後)~ -------------------------- by 特許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法・審査制度/拒絶理由通知)

・出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・特許法の拒絶理由通知について。 ★☆ ブログ版第23号 2009年6月24日 発信 --------------       ~手続詳細(特許法・審査制度/拒絶理由通知)~ -------------------------- by 特許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法・審査制度/進歩性、他の審査)

・出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・特許法の進歩性、産業利用性、公益・私益の調整・公序良俗違反の審査について。 ★☆ ブログ版第22号 2009年6月23日 発信 --------------        ~手続詳細(特許法・審査制度/進歩性、他の審査)~ -----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法・審査制度/新規性の審査)

・出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・特許法の新規性の審査について。 ★☆ ブログ版第21号 2009年6月22日 発信 --------------       ~手続詳細(特許法・審査制度/新規性の審査)~ -------------------------- by 特許調査パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法/審査制度・審査の請求)

・出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・特許法の審査制度。 ★☆ ブログ版第20号 2009年6月21日 発信 --------------        ~手続詳細(特許法/審査制度・審査の請求)~ -------------------------- by 特許調査パーソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手続詳細(特許法・出願公開制度)

・前号では、権利化(主としては登録設定)までの手続概要を各法対比してまとめた。 ・ここからは、出願~登録設定まで細部、ポイントを各法毎にまとめ理解する。 ・まずは、特許法の出願公開制度。 ★☆ ブログ版第19号 2009年6月20日 発信 --------------        ~手続詳細(特許法・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登録要件・認定要件(対比)

特許法における登録要件から、不正競争防止法の営業秘密の認定要件など 登録要件・認定要件はそれぞれ相違しているため、対比してまためること により理解していく。 ★☆ 第18号 2009年6月19日 発信 --------------   ~登録要件・認定要件(対比)~ ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定義事例(不正競争防止法/営業秘密)

営業秘密は発明の保護である特許法と相対する知的財産の保護手法でもあ り、営業秘密として認定されるための要件がある。それら、認定要件、および 、注意点についてを理解する。 ★☆ 第17号 2009年6月18日 発信 --------------   ~ 定義事例(不正競争防止法/営業秘密)~ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(不正競争)

不正競争防止法における不正競争の定義と、不正競争からの保護対象の範 囲を理解する。また、不正競争の「注意すべき」定義事例を提示し、それ ぞれについて理解する。 ★☆ 第16号 2009年6月17日 発信 -------------- ~ 保護対象の定義(不正競争)~ -----…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(品種)

種苗法における品種の定義と保護対象の範囲を理解する。また、品種の「注 意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。 ★☆ 第15号 2009年6月16日 発信 --------------      ~ 保護対象の定義(品種)~ ------------------- by …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

定義事例(著作物)

著作物とは知的・文化的精神活動の所産全般を指す判例もあり、その定義 は広範囲に及び、条文による定義だけでは理解が不足しがちである。その ため、別途定義事例を提示し、それぞれについて理解していく。 ★☆ 第14号 2009年6月15日 発信 --------------      ~ 定義事例(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(著作物)

著作権法における著作物の定義と保護対象の範囲を理解する。 ★☆ 第13号 2009年6月14日 発信 --------------      ~ 保護対象の定義(著作物)~ ------------------- by 特許調査パーソン ☆★ ■著作権法における「著作物…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(商標)

商標法における商標の定義と保護対象の範囲を理解する。また、商標の「注 意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。 ★☆ 第12号 2009年6月13日 発信 --------------      ~ 保護対象の定義(商標)~ ------------------- by 特許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(意匠)

意匠法における意匠の定義と保護対象の範囲を理解する。また、意匠の「注 意すべき」定義事例を提示し、それぞれについて理解する。 ★☆ 第11号 2009年6月12日 発信 --------------           ~ 保護対象の定義(意匠) ~ ------------------- by 特許調査パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定義事例(特許、考案)

特許法、実用新案法における発明・考案に対する「注意すべき」定義事例を提示し、それぞれの定義の類否・相違について理解する。 ★☆ 第10号 2009年6月11日 発信 -------------       ~ 定義事例(特許、考案)~   特許法、実用新案法における発明・考案に対する「注意す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保護対象の定義(特許・実用新案)

保護対象の定義(特許・実用新案) ★☆ 第9号 2009年6月10日 発信 --------------        ~ 保護対象の定義(特許・実用新案) ~   ・特許法、実用新案法における、発明・考案の定義を対比させて理解 する。また、実用新案登録出願手続きに関連した部分を理解する。 --…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

理念と定義(保護対象)-対比-

★☆ 第8号 2009年 6月 9日 発信 -----------------         ~ 理念と定義(保護対象)-対比- ~   ・二級知的財産管理技能士検定受検に向けて、全体構成の見直しの    必要性を感じ、後戻り的な本号を発信 --------------------- by 特許調査マン1号 ☆…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

出願書類のポイント -実用新案登録出願-

★実用新案登録 出願書類のポイント★ ■全体的要件:   ・「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」、に加え、「図面」が必須。       *「図面」が必須な点は、特許とは異なる。 ■各書類の要件:   ・「請求の範囲」には、「○○装置」、「○○システム」、「○○構造」     等と記載する。  …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特許出願のポイント -特許登録出願- ★発明の単一性

発明の単一性 ★二以上の発明についても、技術的関係(発明の単一性の要件)を満たせば、  一つの願書で特許出願することができる。   ・1つの願書で、2つ以上の発明を出願することができる。   ・技術的関係については、判断類型が示されている。 ■発明の単一性の判断類型 それぞれの発明に特許性があり、且つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出願書類のポイント -特許登録出願-

特許登録出願 書類のポイント ■全体的要件:   ○「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」が、必須。      *それぞれが独立した「書類」と考える。   ○複数の発明を含めることができるが、発明の単一性、が必要。      *満たさない場合、「拒絶の理由」にはなるが、「無効の理由」      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出願書類(対比)

(1)特許登録出願    ○必須要件      *「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」    □任意要件      *「図面」      **「図面」は、手書き等でも問題ない (2)実用新案登録出願    ○必須要件      *「願書」、「請求の範囲」、「明細書」、「要約書」、「図面」 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

権利の移転(譲渡)と出願

発明等を完成して、特許等を受ける権利を所有したとしても、「方式主 義」により、実質的な「財産権」等は、まだ、発生していない。 可能なものといえば、  (1)自分自身が実質的な財産権を所有したいと思う場合     *自ら、「(登録)出願」を行なう(手続き等は、後日)     *自ら独占して利益を得ることが可能 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許等を受ける権利の発生

産業財産権4権と、著作権とで、原始的な権利の発生の仕方が異なると 理解する。 (1)特許権等では: 発明等の完成の時点で、特許等を受ける権利が発生する。 しかし、この権利は実質的な財産権等ではなく、「出願」~手続~「登録設定」、 を経て、特許権等の実質的な財産権に、「昇格」する。 (2)著作権では: 著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知的財産管理技能検定に向けて・・・

★みなさん、一緒に知的財産管理技能検定に合格しましょう!  7月の第4回検定試験に申し込みました!目指すは、まず、二級  前回、三級に合格しないと二級は受検できないと勘違い、三級に申し込ん  でしまいました。トホホ。  一応、変更はお願いしたのですが全く相手にされず...規約にも変更その  他は一切応じないと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more